トイレの種類(タイプ) メリット・デメリット

組み合わせ型トイレ

独立した便器・タンク・便座を組み合わせたトイレ。スタンダードで普及率が高い。

 

メリット:便器・タンク・便座がそれぞれ別なので便座が故障した場合は便座のみ交換ができる。また組み合わせ便座は種類が豊富なため自分に必要な機能(グレード)を選ぶことができる。他のトイレと比べ安価。

 

デメリット:一体型のトイレと比べて、継ぎ目が多く複雑な形状になるため、一体型やタンクレスに比べると掃除がしにくい。

 

一体型トイレ

便器・タンク・便座(ウォシュレット等)が一体で繋がっている構造のトイレ

 

メリット:一体型なので継ぎ目が少なく、掃除がしやすい。組み合わせ型トイレと比べて一体感がありオシャレ。

 

デメリット:一体型なので便座(ウォシュレット)等や本体が故障の際、一部の故障でも工務店ではなくメーカーでの出張修理になる。部品で修理出来ない場合は、便器・タンク・便座、丸ごと交換しなければならない。

 

タンクレストイレ

水を貯めるタンクがないトイレ。タンクのあるトイレはタンクに水を貯めますがタンクレスのトイレは給水管から水を直接流す仕組み。

 

メリット:凹凸が少なく掃除がしやすい。高いデザイン性が人気。タンクがなくコンパクトなのでトイレ空間を広く使える。給水管から水を直接流すので連続してトイレが使える。

 

デメリット:トイレ本体に手洗いがないため別で手洗いの設置が必要。水を貯めるタンクがなく、給水管から水を直接流す仕組みなので水圧の低い住宅など一部の種類では設置できない場合がある。一体型と同様、故障の際は丸ごと交換しなければならない。他のトイレと比べ高価。

 

システムトイレ

手洗い器や収納キャビネットなどを設置したトイレ。タンクがある場合はキャビネット等で隠します。

 

メリット:収納タイプの場合、コンセントなどがキャビネットの中に納まりすっきりした見た目になる。掃除道具など収納でき便利。手洗い器の設置は既存の給排水を利用できるため、大掛かりな給排水工事が不要。

 

デメリット:収納タイプの場合、設置可能な間口幅に制限があり、狭いトイレルームには向かない。他のトイレと比べ、工事の日数がかかる。一体型・タンクレス同様、故障の際は丸ごと交換しなければならない。

 

このページの先頭へ