キッチンリフォーム

 

 

  キッチンスタイル・レイアウト

 

 キッチン選びで、まず考えたいのがキッチンのレイアウト。

 レイアウトによってコミュニケーションの仕方が変わってきます。

 ご自宅の間取りや、作業効率を考えた動線、収納はもちろんですが

 どこを見せたいか、どこまで隠したいか、

 お料理を作ることを優先するか、家族との会話を重視するか

 あらかじめ考えておくとプランニングがスムーズに進みます。

 

 キッチンのカタチは大きく分けて6つあります。

 それぞれの良さがあります。

 タイプによって必要なスペースが異なるため、ご自宅のキッチンの

 広さも考えながら最適なレイアウトを選びましょう。

 

 また、使いやすいキッチンを考える上で

ワークトライアングル』を知っていますか。

作業の基本となる冷蔵庫・シンク・コンロの3点を結んだ三角形のこと。バランスよく配置されていると効率よく作業が進められるといわれています。その一辺の距離が2歩程度、3辺の和が3.6m~6.0m以内に納まると使いやすい距離とされています。

 正三角形により近いほど作業効率◎

 ワークトライアングルも考えながらプランニングしましょう。

 

 

  キッチンのサイズ・スペース

 

 使いやすいキッチンにするためには使う人に適切なサイズ・高さ

 であることが重要です。一般的なシステムキッチンは基本サイズが

 決まっているのでその中から体格に合わせて選びましょう。

 キッチンの奥行

壁付けでは65㎝が一般的。

他に60㎝と75㎝タイプも。開口が取れない場合は奥行があれば作業スペースが広がります。アイランド型やペニンシュラ型では90~120㎝が多く、最近では狭い空間に対応したスリムな75㎝タイプも。

 

 キッチンの開口

一般的なI型システムキッチンでは

幅240・255・270㎝が主流。

キッチンの開口は作業スペースとシンク・コンロのスペース配分で作業効率が変わります。

 

 ウォールユニットの高さ

デッドスペースになりがちなウォールユニットは、使いやすい高さに設置することが重要。

システムキッチンの場合は、高さ50・60・70・90が主流。身長やスペース、収納したいアイテムに合わせて選びましょう。

 

キッチンの高さ

一般的には『身長÷2+5㎝』の計算式で割り出します。最近では身長は同じでも肘の高さが違うことから『立ったときの肘の高さ-10㎝』という計算式も登場。計算式は目安なので自分にとって使いやすい高さを選ぶことが重要です。

 

 

 各メーカー様々なキッチンがありますので実際に

 目で見て触れてみられるとイメージが湧きやすくおススメです。

 

このページの先頭へ