お問い合わせ

 

0868-62-0053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        アースの豆知識

電気製品や電化製品にアース線がついていることは知っていますか?

 

代表的な家電でいうと

洗濯機、衣類乾燥機、電子レンジ、エアコン

冷蔵庫、ウォシュレットなどがあります。

洗濯機や電子レンジなど

電源コードの横や製品の裏から出ている

細い緑色や黄色のコード、これがアース線です。

そもそもアースとは何なのか。

『アース』とは地面(大地)のことで

電気を逃がすために地面につないだ

電極のことを意味しています。

 

『アースをとる』または『アースに繋ぐ・接続する』とは

洗濯機のような電化製品を地面(大地)と繋ぐ(接地する)ことです。

 

安全に使用するために、このアース線を専用の端子

(壁のコンセント部分)へ接続する必要があります。

ところが実際にはこのアース線が何だかわからず

接続しないままの方がたくさんいます。

 

なぜアース線を取り付けなければならないのか。

 

洗濯機やキッチン、トイレのような

水気や湿気のある場所で電気器具を使用する場合、

アースの取り付けが必要とされています。

なぜならこれらの電気器具は水に濡れたときや

製品が劣化した際に漏電をする可能性があります。

 

漏電した状態で電化製品に触れると感電します。

アース線を取り付けていると

感電した電気を地面に流して

感電や火災を防ぐ役割をしてくれます。

 

分電盤(ブレーカー)に漏電ブレーカーがあるから

我が家は大丈夫!アースなんて必要ないわ!

なんて思っていたら大間違いです。

 

漏電ブレーカーは漏電電流が

大地に流れてはじめて作動します。

アースがあれば万が一漏電が発生しても

漏れた電流を安全に大地に逃がすことができます。

 

アースは確実に取り付けましょう(^^♪

 

アースが必要とされる電気製品や電化製品の

差し込むコンセントにアース端子がない場合は

ご相談ください。

工事をさせていただきます!(^^)!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ