お問い合わせ

 

0868-62-0053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護保険を利用した住宅改修について

介護保険で『要介護』または『要支援』の認定を受けた方が、

居住する住居に対して手すりの取付や段差解消、

スロープなどの住宅改修を行った場合、

支給申請手続きをすることによって

20万円を上限として介護保険から

負担割合に応じてかかった工事代金の

7~9割が支給されます。

(対象となる費用のうち1~3割は自己負担です)

 

介護保険適用となる住宅改修費の支給を受けるためには

いくつか条件があります。

・『要介護』または『要支援』の認定を受けていること。

・厚生労働大臣が定める住宅改修の種類への該当。

・原則として1人につき生涯1回限り

 ※要介護度が3階級以上あがった場合(例:要介護1→要介護4)

  や転居の場合には改めて20万円(税込)の支給が受けられます。

 

住宅改修の支給限度額は要介護度に関係なく

20万円(税込)までとなっています。

一度に使い切らず、数回に分けての分割利用も可能です。

 

 

手続きの流れ

1. ケアマネジャーなどに相談

2. 施工業者の選択・見積依頼

3. 市・町へ事前に申請

 

という流れになります。

 

厚生労働大臣が定める

居宅介護住宅改修等の支給に係る住宅改修の種類

は以下の5つです。

 

1. 手すりの取付

 手すりの取り付けのための壁の下地補強など

2. 段差の解消

 浴室の床の段差解消(床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事など

3. 床または通路面の材料の変更

 ・床材の変更のための下地補修や根太の補強

 ・通路面の材料の変更のための路盤の整備など

4. 引き戸等への扉の取替え

 扉の取替えに伴う壁または柱の改修工事など

5. 洋式便器等への便器の取替え

 ・便器の取替えに伴う給排水設備工事

  (水洗化または簡易水洗化にかかるものを除く)

 ・便器の取替えに伴う床材の変更など

 ・便器の向きの変更

6. その他 1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 

 

 

このページの先頭へ