キッチンの型、メリット・デメリット

I型

キッチンの基本とも言える、調理スペース、シンク、コンロを一列に並べた壁付けレイアウト

 

メリット:他のタイプと比べコンパクトなためスペースが限られている住宅でも導入しやすい。セミオープンにもクローズドにも設置することができ、アレンジがしやすくリフォームでも人気。他のタイプと比べると安価。

 

デメリット:調理中の動きが左右のみとシンプルだが横幅が長くなると作業効率が悪くなる。

 

L型

調理スペース、シンク、コンロがL字に並んだ

I型の次に一般的なレイアウト

 

メリット:調理中の動きが三角形になることで、シンクと加熱機器の距離が短くなり効率が良い。

コーナースペースがあるため調理するスペースをゆったりと確保できる。

 

デメリット:I型と比べ広いスペースが必要となる。コーナー部分下の収納が使いづらい。

 

 

Ⅱ型 (セパレート型)

コンパクトなスペースで実現可能な2列並列のレイアウト

 

メリット:ワークスペース(調理台)、収納を省スペースで多く取れる。I型よりも作業中に動く範囲が狭いため効率よく作業できる。

 

デメリット:歩く距離は短いが調理中に何度も体の向きをかえる必要がある。振り返っての作業が増えるため、2人以上で作業する場合はぶつかりなどの注意が必要。

 

U型

キャビネットがコの字型のレイアウト。

 

 

メリット:キャビネットが大容量の収納が可能。ワークトライアングルが考えられており効率よく調理・移動できる。ワークトップが非常に広く、調理スペースもゆったりとしている。

 

デメリット:キッチン自体のスペースが必要。サイズを誤ると3辺をカウンターで塞いでいるため圧迫感が出てしまう。

 

アイランド型

(対面式・オープン)

キッチンを壁から離して独立した島のように設置する今、人気のレイアウト

 

メリット:独立しているので解放感がある。ダイニング、リビングへの行き来に優れ、家族や来客とコミュニケーションを取りながら調理できる。

 

デメリット:両サイドに通路を確保する必要があるので広いスペースが必要。キッチンの上やシンクの中のものが見えてしまうのでこまめな掃除が必要。

 

ペニンシュラ型

(対面式・オープン)

アイランド型と似ているが、キッチンの左右どちらかが壁面についているレイアウト

 

メリット:アイランド型に比べ、一方が壁にくっついているため、フードなど選ぶ種類が増える。また油ハネなど清掃に関しても壁があるためキッチンパネルが張れたりと、実用性を兼ねている。

 

デメリット:アイランド型と同じ。アイランド型も同様に開放的なスペースで調理をするためリビングやダイニングにニオイや煙が広がりやすい。

 

このページの先頭へ